トップ

住宅の高さ制限は

住宅に決められている制限

住宅の高さが規制される?

お金があったら四階建ての大きな家が欲しい!素敵な夢ですね。ですが、実はそう簡単に高い住宅を建てることができないことはご存知でしょうか?自分の家なのだからどんなデザイン、どんな高さで建てるかは自分の自由だと思われるでしょう。しかし、自由にどうぞ好きに建ててくださいとなると、道路に外壁がはみ出そうが、お隣の家に太陽光がまったくあたらない家を建てようが問題ないということになり、日本の都市は滅茶苦茶になります。そんなことがないように、住宅を建てる際には土地によって規制が設けられているのです。規制はそれぞれの土地によって変わります。家を建てるために土地を購入する際は、その土地にどんな規制があるのかきちんと確認しておかないと、建てられませんでしたという困った状況になりかねないのです。

建物の高さにも制限がある?

自分の家なのだからどこにどんな家を建てようが自由だろう。そう思う方もいらっしゃるでしょうが、日本では建物を建てる際の制限が定められています。例えば第一種低層住宅専用地域。これは低層に係る良好な居住環境を保護するため定める制限ですので、制限を破って自由に家を建てることはできません。自分はビルのような家を建てたいと言い張っても駄目なものは駄目です。決まりですから。このように、日本には建物に関する制限が定められていますので、地域によっては高さに制限がかけられ、自分の思い描く住宅が建てられないことがあります。家を建てるために土地を購入する場合は、土地にどんな制限があるのか必ず確認しておきましょう。

↑PAGE TOP